バケーションクラブのワイキキのコンドミニアムの進捗状況

バケーションクラブのワイキキのコンドミニアムの進捗状況

ワクチン接種が進むことで、ハワイは米国本土からの多くの観光客で復活しているとのこと。
日本からも帰国時の14日間の隔離さえ緩和されれば、渡ハは目の前。

昨年7月に、ワイキキにバケーションクラブのコンドミニアムが2022年末に新たにできるとのプレス発表があったのだけど、いま、どんな感じなんでしょうか?
場所は南北のサラトガ・ロード(エッグスン・シングスの本店のある通り)、カライモク・ストリート(リッツカールトンの西側の通り)と東西のカラカウア・アベニューの交差点の北西角、かつてNIKE TOWNが入居していたキング・カラカウア・プラザのビル。

現状の4階建てを7階建てのビルに拡張、2フロアの商業施設と屋上プール、フィットネスセンター、バーを備え、スタジオと1ベッドルームのみのタイプの110ユニットのコンドミニアムになるとのこと。
Marriott Vacationsは、敷地内に10,000平方フィートの販売ギャラリーも併設の予定。

完成すれば、MVCオーナー待望のワイキキ・ステイが可能になります!
ハワイで契約したオーナーさん達には懐かしいコオリナの販売ギャラリーがなくなるかもしれないのはちょっと寂しいですね。

で、今、どこまで進んでいるのかを、ここ数ヶ月でアップされたyoutubeでチェック。
トロリーに乗ったり、散歩と称してワイキキを撮影した動画が多くアップされています。

結果は、実に残念なのですが、工事は着手すらされていない模様です。

昨年(2020年)7月に発表があって、2022年末に完成ということでしたので、工期は順調に行ってざっと2年半。
新型コロナの影響で、マリオットといえど、相当な痛手を受けているはず。
財務的な理由で計画が見直しにならないよう祈るばかりです。

とりあえずは気長に完成を待ちましょう!