2019年9月のハワイはどう過ごす?ーその2

2019年9月のハワイはどう過ごす?ーその2

photo:タンタラスの丘展望台からの景色。ここも本文中の現地ツアーで連れていってくれます。

マリオット・コオリナ・ビーチクラブのあるコオリナから西のエリアは、治安に問題があるとのことで、まったく足を踏み入れたことがないのですが、非常に興味深いスポットがあり、そこへ連れて行ってくれる現地ツアーに参加してみようと思います。
 
そのツアーは、「【JTB限定】ピンク・ピルボックスとマーメイド・ケイブ・ツアー」。
地元でも知る人のみぞ知る人気の隠れスポットであるオアフ島西海岸の絶景が楽しめる「ピンク・ピルボックス」と、ハワイの「青の洞窟」と呼ばれる神秘的な「マーメイド・ケイブ」を訪れるツアー。
ほかにもツアーを行っているところはあるのですが、ここはセキュリティ重視でJTBのツアーを選択。
中身をみてみましょう。

*残念ながらともに行ったことがないので写真がありません。
どんなところか確認したいときはこちらのページの写真をご覧ください。
【JTB限定】ピンク・ピルボックスとマーメイド・ケイブ・ツアー

ピンク・ピルボックス Pu’U’Ohulu Kai

ピルボックスとは、戦時中に作られたトーチカ(コンクリート製の陣地)のことで、上陸する敵を見下ろすような見晴らしのいい場所に作られたため、眺望に優れています。
ここのピルボックスがピンク色なのは、乳がん撲滅のピンクリボン運動の啓蒙活動のひとつといわれています。

オアフ島にはほかにも以下のような人気のピルボックスがあり、ピンク・ピルボックスは4大ピルボックスのひとつとされています。
・カイヴァ リッジトレイル Kaiwa Ridge Trail(カイルア)
*通称のラニカイ・ピルボックス・トレイルの方がよく知られています。
・エフカイ・ピルボックス・ハイク Ehukai Pillbox Hike(ハレイワ)
・プウ・マエリエリ・トレイル Pu’u Ma’eli’eli Digging Hill(カネオ)

コオリナからは、フリーウェイ1号線と繋がるFarrington Hwyを西進。
ナナクリ(Nānākuli)の街とマイリ(Maili)の街との境界の道のKaukama Rd沿いにピンク・ピルボックスへのハイキングコースの入り口がありますが、看板もなく非常にかわりにくいです。
その頂上のピンク・ピルボックスまで片道30~40分の登山道は、木の根や石などにつまずかかないよう、また滑りやすいので注意が必要です。こちらのハイキングコースは日陰が少なめなので、十分水分補給をすることも大切です。
このツアーでは、ガイドさん2人が一番前と後ろを歩いて誘導してくれるので迷うこともなく、また、サーファーズ・ビーチパークに停めた車や荷物の見張りをしてくれるスタッフもいるとのことで、とても安心です。

マーメイド・ケイブ Mermaid Cave

ナナクリ・ビーチの脇にある岩場の地下にある「マーメイド・ケイブ」。
ここもまた観光客をあまり見かけない秘境のような場所で、「ハワイの青の洞窟」と呼ばれています。
この岩場はとても広くてケイブも点在、そのうちの小さなひとつの穴から下に降りて洞窟の中に入ると、ものすごい景色が現れます。

やはり治安的に心配なのと、自力で行くのはなかなか難しいようです。
しっかりとリスクヘッジだけはしとかないと、せっかくの旅行を台無しになりかねません。
とりあえずはJTBのツアーに参加しておけば、なにかにつけ安心です。

ツアー詳細

【JTB限定】ピンク・ピルボックスとマーメイド・ケイブ・ツアー
ツアー料金 $128
催行日  月~金曜日
所要時間 約8時間
ツアーに含まれるもの
・往復送迎
・マラサダ(お1人につき1個)、ボトルウォーター、シェイブアイス
・昼食 (ツアー費用に含まれています)
・日焼け止め
行程
07:00~08:00 ワイキキ地区ホテル出発
08:00~08:15 レナーズにてマラサダ(注4)
09:15~10:45 ピンク・ピルボックス ハイキング
11:00~11:40 ローカルレストランにて昼食
12:00~12:30 マーメイド・ケイブにて散策及び写真撮影
13:45~ タンタラスの丘 展望台〜ワイオラ・シェイブアイス
14:30~15:00 ワイキキ地区ホテル帰着
最少催行人数 2名
定員数    14名
年齢制限   11歳 ~ 70歳
運行事業者 ハワイ・グラス・ボトム・ボート
ガイド 有り
英語を話すガイド(往復送迎は日本語を話すドライバーガイド)
免責同意書 有り
設定日 2019年01月01日 ~ 2020年03月31日

*詳しくはこちらから
【JTB限定】ピンク・ピルボックスとマーメイド・ケイブ・ツアー