ハワイ到着日のルーティーン

ハワイ到着日のルーティーン

日本からのハワイの到着は午前中で、マリオット・コオリナ ・ビーチ・クラブの部屋の準備ができるのが16時頃。
レンタカーを空港の支店でピックアップしたら、まずはお昼ごはんと滞在中の日用品、食材の買い出し。
空港からコオリナへ向かう途中に、ウェスト・オアフの中心都市カポレイがあります。
こちらには複数のショッピングセンターがあり、今回はカポレイ・ヴィレッジ・センターに!

カポレイ・ヴィレッジ・センター

カポレイ・ヴィレッジ・センターは、ハワイ最大の地元の食料品小売業者であるフードランドグローサリーストアを核店舗に、数年前にオープンした比較的小さなショッピングセンター。

4850 Kapolei Pkwy, Kapolei, HI

アクセス

空港・ワイキキ方面から

H1でコオリナ方面に向かい、1番出口で降りて、カラエロア・ブールバード(Kalaeloa Blvd)を左折。
カポレイ・パークウェイ(Kapolei Pkwy)まで直進して左折し、1kmほど直進した左手。

コオリナ方面から

H1を空港・ホノルル方面に向かう。

1. 1A出口で降りたら、カラエロア・ブールバード(Kalaeloa Blvd)を右折。
カポレイ・パークウェイ(Kapolei Pkwy)まで直進して左折し、1kmほど直進した左手。

2. 1B出口で降りたら、ワケア・ストリート(Wakea St)を右折。
600mほど直進した右手。

ハワイ到着後、最初のランチ

ランチは、こちらのテディズ・ビガー・バーガー。
テディズ・ビガー・バーガーは、2001年から18年連続ハワイのベストバーガー賞受賞の老舗。
注文してからパティを焼き上げ、すべて手作りのハンバーガー。
一番小さいパティで1/3lb。
1lb(ポンド)が約453gなので、1/3lbは約150gで、日本人にはこれでも十分食べ応えのある大きさです。

食料の買い出し

ランチでおなかが膨らんだら、スーパーマーケットのフードランドで滞在中の日用品の買い出し。
フードランドは、ハワイで最大の地元のスーパーで、日本のものも多く扱っているので、大変便利です。


コオリナ・ビーチ・クラブでは、自炊はできるというものの、ついついBBQエリアで自分でお肉を焼いてのディナーとなってしまいがち。
こういうスーパーマーケットでお肉を調達すると、いろんな種類から選べます。


ステーキ用の調味料も、塩、こしょうはもちろん、ステーキ用のパウダースパイスの種類も豊富です。


しょう油もあまり知られていないものの中に、キッコーマンのものが並んでいます。


まぐろやサーモンのお刺身も売っているので、わさびは必需品ですよね。
わさびはステーキに使っても、味わいが変わっていいですよ。


さすがに連日ステーキが続くと飽きてきますよね。
そんなときにはやっぱりカレー!
一から作るのもいいですが、現地で遊ぶ時間を考えると、料理に費やす時間はできるだけ短くしたいもの。
そんなときにレトルトカレーが威力を発揮!
食べ慣れた日本のメーカーのものでは、S&Bの「Golden Currey」。甘口、中辛、辛口とそろっています。


コオリナ・ビーチ・クラブの1ベッドルーム以上の部屋には炊飯器も完備されていますので、炊き立てのごはんを食べることも可能です。
炊飯器がないスタジオタイプの部屋の人とか、ごはんを炊くこと自体が邪魔くさい人には、チンするごはんが便利です。


カレーにはつきものの福神漬やらっきょうもそろっています。
また、たくわんとか梅干し、のりもおいてあります。

食事に関して言えば、贅沢言わなければ日本と変わりません。