ホテル利用との費用比較

ホテル利用との費用比較

契約時にマリオット・バケーション・クラブの宿泊等に使えるポイントを2056年(2017年時点で残り39年)まで毎年一定数もらう権利を購入するのですが、最低ポイントは年間2,000ポイントで、購入代金は約US$29,000(約333万円)。
最長5年分割及び分割期間中の残債一括返済も可能だが、分割時の頭金は購入金額の15%以上が必要とのこと。

問題は、購入代金の他に、年間購入ポイントに応じた年間管理費の支払いが必要で、2,000ポイントの場合はUS$737(約8.4万円)。
これが毎年かかってくるというのは結構きついものがありますので、それも含めて試算してみました。
*上記換算は、すべてUS$1=JPY115で計算

比較試算のための前提条件

・マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブとワイキキのホテルとの比較。
・最低の2000ポイントを購入した場合、購入代金は一括払い。
・リゾート、シーズン、部屋のタイプにもよりますが、2000ポイントあれば5~6泊でき、ハワイへ年1回、5泊7日の旅程とします。
・購入しない場合は、ワイキキの4つ星ホテル(ルームチャージ 約4万円/室)利用で計算。

5泊すべてをワイキキの4つ星ホテルを利用するケースとを比較

・購入した際の総費用:333万円+(8.4万円×39年)=660.6万円
・購入せずワイキキのホテルに滞在:4万円×5泊×39年=780万円

維持管理費を考慮してもマリオットバケーションクラブのオーナーになった方が3割程度安くつく計算になります。
また、オーナーにならずにマリオット・コオリナ・ビーチクラブに宿泊すると、ホテル予約サイトでは1室1泊45,000円程度かかります。
ちなみに、購入金額全額を定期預金で運用(0.01%)しても、39年間の金利総額はわずか12,995円と、もはや誤差!

ちゃんと使えばお得なことは間違いありません。
ポイントを使わずに捨てるようなことは絶対避けなければなりません。
買ってしまったからには、後悔しないために使いこなすしかないのです。