Explorer CollectionのHotel & Luxury Redidences、日本国内に追加!

Explorer CollectionのHotel & Luxury Redidences、日本国内に追加!

様々なホリデー・オプションにクラブポイントを利用できるエクスプローラー・コレクション。
そのメニューのひとつが「ホテル&ラグジュアリーレジデンス」。
アジア、オーストラリア、アメリカ、ラテン・アメリカ、カリブ海そしてヨーロッパなど世界各国の都市に点在するマリオット系列のホテルを、ディスティネーション・ポイントで利用できます。

日本にも対象のホテルがあるのですが、今年から新たに北海道・札幌の「Fairfield by Marriott Sapporo(フェアフィールド・バイ・マリオット札幌)」が加わりました。
すすきのの真ん中にある好立地なので、新型コロナウイルスが収束したら、美味しいものを食べに、ぜひとも利用してみたいものです。

Explorer Collectionの日本国内の対象ホテル

北海道
 キロロ   The Kiroro, A Tribute Portfolio Hotel, Hokkaido
 札幌    Fairfield by Marriott Sapporo <New!>
長野県
 軽井沢   Karuizawa Marriott Hotel
 白馬    Courtyard Hakuba
東京都
 品川    Tokyo Marriott Hotel
大阪府
 新大阪   Courtyard Shin-Osaka Station
沖縄県
 沖縄    Okinawa Marriott Resort & Spa

フェアフィールド・バイ・マリオット札幌にExplorer Collectionで泊まる

「フェアフィールド・バイ・マリオット」のブランドとは?

フェアフィールド・バイ・マリオットは、マリオット・インターナショナルがフランチャイズ化した低コストのエコノミーホテルチェーンで、低価格ならより少ないアメニティーを受け入れることをいとわないゲストを対象としています。
低価格実現のため、標準化された建物の建築と寝具、フルサービスのレストランがありません。(朝食のみのレストランはあります)

日本国内での展開

日本国内では、25道府県の自治体、36社のパートナー企業と連携し、25年までに約3000室を順次開業していく計画だが、ハウスメーカーの積水ハウスとの提携は、「道の駅プロジェクト」と銘打地、道の駅に隣接したロードサイド型ホテルとして「フェアフィールド・バイ・マリオット」を全国展開するというもので、その特徴は“素泊まり専用”であることで、狙いは「地域を渡り歩く」という新たな旅のスタイルを提案し、地域活性化に貢献するためとのこと。
道の駅にはご当地グルメや地域の特産品が必ずあ理、そして当然、周辺への移動もしやすい。ホテル内に飲食店がないので、食事は道の駅や近隣の飲食店を利用したり、食材を購入してホテルで調理してもらったりするなど、ホテル外での消費を促そうというプロジェクト。
ファーストステージでは、2020年10月6日より6府県15カ所1,152室の規模で順次オープン。
岐阜県
 美濃   フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜美濃
 郡上   フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡上
 高山   フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜高山荘川(2021/夏予定)
 美濃加茂 フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園
京都府
 宮津   フェアフィールド・バイ・マリオット・京都宮津
 京丹波  フェアフィールド・バイ・マリオット・京都京丹波
 南山城  フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ(2021/春予定)
奈良県
 天理   フェアフィールド・バイ・マリオット・奈良天理(2022/春予定)
和歌山県
 すさみ  フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山すさみ(2021/春予定)
 串本   フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山串本(2021/春予定)
三重県
 御浜   フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜
 大台   フェアフィールド・バイ・マリオット・三重おおだい(2021/春予定)
栃木県
 宇都宮  フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木宇都宮
 茂木   フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木もてぎ
 日光   フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木日光(2021/春予定)

*フェアフィールド・バイ・マリオット札幌は道の駅プロジェクトの対象ホテルではありません。

フェアフィールド・バイ・マリオット札幌の概要

フェアフィールドバイマリオット札幌は札幌の中心部に位置し、「すすきの」と「二条市場」まで徒歩1分の好立地。
当ホテルは「The Beauty Of Simplicity(シンプルであることの美しさ)」をコンセプトに設計されており、お部屋にはシンプルながらも使いやすい設備が整っています。
ホテルの中庭を望む「レストランLUONTO」では、北海道産食材を豊富に使用した朝食ビュッフェを提供しています。北海道産野菜のローストや、スープカレー、ライブキッチン、エッグステーションでは人気のエッグベネディクトなどの卵料理はもちろん、季節のサラダや、フルーツのほか、米粉を使用したヌードル、PHO(フォー)も優しい味付けで朝食にぴったり。毎朝焼き上げるホテルメイドのクロワッサンや、パンケーキのほか、搾りたてのオレンジジュースなど、1日の始まりを充実した朝食で。
「FIKA CAFÉ Lagom」では、友人や仲間とコミュニケーションを楽しむ意識的なティーブレイク、「FIKA」というスウェーデン文化をコンセプトに、ホテルメイドのパンやこだわりのコーヒーを気軽に楽しめます。

宿泊に必要なポイント数

こちらのExplorer Collectionは、土日祝日など曜日での料金差はありませんので、休日の前日ならお得に利用できます。
ただ、部屋種は以下の2種類のみで、朝食代は別途支払う必要があります。

*Bonvoy会員価格は、各期間中の任意の土曜チェックイン、日曜チェックアウトでの価格です。

2021.1.1〜2021.5.31
ツイン・ベッドルーム  375ポイント/泊
  Bonvoy会員価格   ¥13310/泊
キング・ベッドルーム  400ポイント/泊
  Bonvoy会員価格   ¥151225/泊

2021.6.1〜2021.9.30
ツイン・ベッドルーム  575ポイント/泊
  Bonvoy会員価格   ¥16940/泊
キング・ベッドルーム  600ポイント/泊
  Bonvoy会員価格   ¥18755/泊

2021.10.1〜2021.12.31
ツイン・ベッドルーム  375ポイント/泊
  Bonvoy会員価格   ¥12100/泊
キング・ベッドルーム  400ポイント/泊
  Bonvoy会員価格   ¥13915/泊