マリオット、シェラトンのハワイのライブカメラの復活を願う!

マリオット、シェラトンのハワイのライブカメラの復活を願う!

*この写真はHiltonのライブカメラから(7.Apr.2021 18:00 in Hawaii)

新型コロナウイルスの感染が拡大する以前は、ワイキキのマリオットやシェラトン系列の各ホテルに設置されたライブカメラが、ハワイのいろんな表情を24時間、リアルタイムで伝えてくれていて、自宅のPCでは、1日中ライブカメラ映像を流していて、移ろいゆく景色を楽しんだものです。

昨年3月、世界中で感染が拡大するとともにマリオット、シェラトン系のカメラはすべて休止となり、現在はヒルトンのライブカメラのみがワイキキの様子を伝えてくれています。
行きたくても行けない状況で、ほんとうに再開が待ち遠しいところです。

スクリーンショットで残している、かつてのライブカメラが捉えた景色をいくつかご紹介しましょう。

カメラが設置されていたワイキキのホテルなど

【復活!】ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ
モアナ・サーフライダー・ウエスティン・リゾート&スパ
シェラトン・ワイキキ
シェラトン・プリンセス・カイウラニ
ザ・ロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー・コレクション・リゾート・ワイキキ
【廃止】ロイヤル・ハワイアン・センター ロイヤル・グローブ前交差点

ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ

ここからの景色は、なんといっても夕陽を正面から捉えてくれること。
難を言えば、レンズの汚れが目立ったのが残念!

モアナ・サーフライダー・ウエスティン・リゾート&スパ

こちらのホテルのライブカメラは、かつてバニアンツリーの庭を海側から撮るアングルもあって、ホテルを出入りする宿泊客やフラやハワイアンのライブなども観流ことができ、ほんとうにそこにいるような気分になれたものです。
直近は、庭の周辺でいうと、レストランの「ザ・ベランダ」の一部が覗けるのみですが、屋外席で食事するお客さんが写っていたりで、臨場感満載です。

ビーチにここまでフォーカスしたライブカメラもここだけ。
西側のカメラ
以前のアングル

直近のアングル

東側のカメラ

シェラトン・ワイキキ
こちらのホテルからはダイヤモンドヘッドを望む景色が最高!
ライブカメラなので当たり前なんですが、波がずっと動いてて、それだけで感動ものです。
1日の中で、いろんな表情を見せてくれるのもこのカメラです。

夕陽に染まるワイキキ

夜景
完全に陽が暮れると白黒画面になりますが、それまでの景色の移ろいがほんとうに美しい。
これから楽しいディナータイムなんだろうと羨ましくなります。

日の出
日の出が観れるのだから、もちろん初日の出も観ることができます。
時差の関係で日本の19時間後がハワイの初日の出。2回観れちゃいます。

シティ
街の方向を向いたアングルもあります。
特に特徴のないアングルのようですが、ハワイへ行ったことのある人間にはなんとも懐かしい風景です。
画面の下の方に、ピンクパレスがちらっと覗いてるのがいい!

シェラトン・プリンセス・カイウラニ

ここのカメラからは、なんと言ってもワイキキのど真ん中を映すアングルがうれしい!
ロイヤルハワイアンセンター前のカラカウア通を走るワイキキトロリーなどのクルマまでしっかり観れます。
ちらっとサンセットまで観せてくれます。

当たり前ですが、雨の日もあります。

ザ・ロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー・コレクション・リゾート・ワイキキ

タワーウイングからビーチを見下ろすアングルです。

【すでに廃止】DFS「Tギャラリア」

すでに廃止されていますが、ギャラリアアタワーからカラカウア通の交差点を捉えるカメラがあり、USTREAMで配信されていました。
ハワイへ行った人は必ず1回は通ったことのある馴染みのあるロケーションで、ずっと見てても飽きないのが不思議。
カラカウア通で頻繁に行われていたライブイベントなんかが裏から観れたりします。

かつて旅行したとき、自分が映ったのをスクリーンショットしたのがこれ。
小さすぎてわかるものしかわかりませんが、それでもなんだかうれしい。