今ならふたりで行けば新幹線が片道無料!エクスプローラー・コレクションで台湾を遊ぶ!

今ならふたりで行けば新幹線が片道無料!エクスプローラー・コレクションで台湾を遊ぶ!

photo : 台湾観光局

昨今、人気の観光地、台湾。
台湾にも、台北にディスティネーション・クラブポイントを利用して宿泊できる、マリオット・バケーション・クラブのエクスプローラー・コレクションのホテル「Courtyard Taipei」があります。

その台湾では、台湾観光局が台湾高速鉄道公司と共同で、台湾新幹線が「2人同時購入で1枚が無料」キャンペーンを実施中とのことで、来年2月8日から23日に台中で開催されるランタンフェスティバルの期間中も適用期間内とのこと。
これは利用しない手はないですね!

台湾新幹線が2人同時購入で1枚が無料キャンペーン

キャンペーン期間

予約可能期間
2019/09/16 – 2020/01/20(各区間の乗車券は数量限定のため、なくなり次第終了)
チケット交換可能期間・搭乗可能期間
購入日の翌日から起算し、89日以内にチケットを交換して搭乗。

チケット予約日から90日以内に乗ればよいので、今年(2019年)11月25日(水)以降に予約すれば、ランタンフェスティバルの期間を通していつでも利用することができます。
ただし、各区間の乗車券は数量限定で、なくなり次第終了とのことですので、とりあえず訪台スケジュールを確定させて、早く予約しておくと安心ですね。

キャンペーンの対象者

キャンペーンの対象となるのは、短期観光ビザを持っている外国人観光客で、指定の特約店(KKDAY、KLOOK、雄獅の3社)にて高鉄の片道乗車券を購入される方。
*ビジネスや留学などにより台湾の居留証をお持ちの方、停留ビザをお持ちで、滞在期間が既に180日間を超えている方は対象外。

予約する2枚の乗車券の乗車駅・下車駅、利用時間が同じであればこのキャンペーンをご利用いただけます。またご予約枚数が2枚の場合に限り、本キャンペーンが適用されます。
※1つのパスポート番号で、クーポンを1回限り申請できます。

行先(下車駅)

下車駅は台中から南に位置する高鉄駅(台中、彰化、雲林、嘉義、台南、左営を含む)限定ですが、乗車駅は限定されません。
この区間内であれば一回に限り二人目が無料になる特典が受けられます。
つまり、二人のうち、往路と復路で購入する人間を変えれば、往復ともひとり分が無料になります。

台湾新幹線への搭乗について

本キャンペーンを利用して台湾新幹線へ搭乗の際、パスポートを持参することが必要です。
利用者はチケット引き換えコード、パスポート、台湾への入国許可書(例:ビザ / 入国スタンプ / 出入国許可など)を持って、THSR駅のチケット窓口にて片道チケットと引き換える必要があります。

座席は指定席片道乗車チケット・大人(普通票/ 全票)のみとなります。
自由席・グリーン車(商務車)・グループチケット、その他割引チケットには利用不可。
また他の割引との併用はできません。

ランタンフェスティバル2020

近年、冬の台湾観光のハイライトとして注目されるランタンフェスティバル。
そのルーツは台湾に根付いた伝統行事と深く結びついており、古くから中華圏では、春節(旧正月)から数えて15日目の満月の日にあたる「元宵節(げんしょうせつ)」に、提灯や灯籠を用いた祝祭が行われてきました。
その伝統は現在でも各地に根付いており、この時期に台湾を旅すれば鮮やかなランタンに彩られた美しいお祭りに出合うことができます。

そんな元宵節の祝祭のなかでも、とりわけ人気が高いのが毎年開催地を変えて行われる「台湾ランタンフェスティバル」と、台北市の東に位置する新北市平渓の十份で開催される「平溪天燈節」。

平溪天燈節は、数多くのランタンが宙に舞う観光写真などで有名ですが、さすがにこの日は超混雑!
腹を決めて行く必要がありそうです。
行き方は、台北から電車で瑞芳駅まで行き、そこからシャトルバスが出ています。

一方、「台湾ランタンフェスティバル」。
こちらは宙を舞うスカイランタンではないですが、無数のランタンが織りなす壮麗なパレードをはじめ、花火や伝統文化のライブパフォーマンス、台湾ならではのハイレベルな屋台グルメなども登場する大きなイベントで、2月8日から23日まで2週間やっています。
2020年の会場は台中市で、台北から台湾新幹線なら約一時間で行けます。
ランタンフェスティバルは、「后里森林園区」という場所がメインで、その他に「馬場園区」「文心森林公園」の二か所のサブ会場で開催される予定です。
「后里森林園区」へはまず台北などから台湾新幹線台中駅へ向かい、そこから在来線やバスなどで向かえますが、シャトルバスなども運行される予定です。

「台中市」は台湾中部最大の都市で、台湾のウユニ塩湖と話題になった「高美湿地」や、パッケージの美しさで女性に大人気のお菓子屋さん「宮原眼科」、とってもカラフルな「虹の村」など日本人に人気の観光地もたくさんありますので、日帰り観光で1日楽しめます。

Courtyard Taipei(コートヤード台北)


南港MRT(地下鉄)やHSR(台湾高速鉄道=新幹線)の「南港駅」の鉄道駅の上階にあり、台北の都心部や桃園国際空港、台中・台南へのアクセスも抜群です。
必要ポイントも500ポイント前後で、日本から近くて2泊3日程度で十分楽しめるので、ハワイやプーケット用にポイントを残しておけます。

Cost Per Night (Vacation Club Points)
Room Type Monday – Thursday Friday – Sunday
October 7, 2019 – November 28, 2019 Superior Room 450 400
Deluxe Room 500 450
November 29, 2019 – December 23, 2019 Superior Room 400 400
Deluxe Room 450 450
December 24 – 29, 2019 Superior Room 450 450
Deluxe Room 500 500
December 30, 2019 Superior Room 500 N/A
Deluxe Room 550 N/A
December 31, 2019 Superior Room 550 N/A
Deluxe Room 600 N/A
January 1, 2020 Superior Room 550 N/A
Deluxe Room 550 N/A
January 2 – 23, 2020 Superior Room 400 400
Deluxe Room 450 450
January 24 – 29, 2020 Superior Room 450 450
Deluxe Room 500 500
January 30, 2020 – March 1, 2020 Superior Room 400 400
Deluxe Room 450 450
March 2 – 31, 2020 Superior Room 450 400
Deluxe Room 500 450