ワイキキ→コオリナは買い出しドライブ!

ワイキキ→コオリナは買い出しドライブ!

アロハフェスティバルを楽しんだ翌日は、いよいよコオリナへの移動。
選択した移動手段はレンタカー。
ショッピング・モールに立ち寄り、コオリナでの生活に必要な物資を買い出しをしながらのドライブ。
スーパーマーケットは現地の人たちの生活が垣間見え、お土産に使えるちょっとしたものもあって、食料や日用品の買い出し作業はなかなか楽しめます!

レンタカーで一路西へ


レンタカーは、宿泊しているホテルのシェラトン・プリンセス・カイウラニの隣のハイアット・リージェンシー内に営業所のあるハーツを利用。
3日後の14時には帰国便が飛び立つから、その1時間前までに空港の営業所に返却する予定で13時から36時間の予約。
なぜハーツを選んだのかというと、営業所が近いのもありますが、キャンペーンの内容も重視。
まずは、レンタルしたらJALマイレージを1000マイルもらえること。
次に、当初は料金の安いコンパクトカーを借りようと思っていたんですが、3日間以上借りたらSUVにグレードアップしてくれるというキャンペーン!スーツケース2個を載せるスペースを確保するのに、コンパクトカーの後ろ座席の背もたれを倒さないといけないなど、面倒だと思ってたから実にありがたい!
手続きをすませて駐車場に行くと、SUVの車種はニッサン。
せっかくハワイへ来たんだからアメ車に乗りたかっただけに残念!
アメ車と違って、左ハンドルでもレバーやスイッチなどの操作方法が日本仕様と同じなので安心なのは安心。

遅いランチはベトナムのフォー


ハーツ・レンタカーのハイアットの営業所からは、運河に沿ってアラ・ワイ・プール・バードを西進。
まずは腹こしらえ。車でしか行けないエリアのレストランのランチの時間にはちょっと遅すぎる。
で、アラモアナセンターの裏にあるフォー(ベトナムの麺料理)のお店「Pho One」に。
揚げ春巻とボリュームたっぷりのフォーで遅いランチ。
ここは2018年のハワイで最も権威のあるグルメアワードの第35回ハレアイナ・アワードのベトナム料理部門で銅賞を獲得した人気店。
>

ディナーの買い出しはカカアコのホール・フーズ・マーケット

ランチを堪能した後、アラモアナの西のカカアコ地区に昨年オープンしたオーガニック食品を多く扱うスーパーマーケットのホール・フーズ・マーケット(Whole Foods Market)のクィーンス店に寄り道。
カイルアやカハラのお店よりデリが充実しているとのことで、晩ごはんの食材を調達。
なにはともあれ、アメリカ農務省(USDA)によるアメリカンビーフの肉質最上級等級のプライム・ビーフをGET!
1ポンド(約500g)で2000円程度と、美味い肉はステーキの本場アメリカでも結構しますが、オーナーとなって初めてのマリオットのバケーションクラブのリゾートでのディナーなわけですからここは奮発!
あと、わさび醤油味とゴマ油の風味が食欲を誘うポケ(まぐろ)とデリのサラダにワイン。
ホール・フーズ・マーケットは、取扱商品も豊富で、商品の並べ方、見せ方がすごく美しく、知らぬ間についつい長居。

いよいよコオリナ。ただいま!

ナビの指示に従って、フリーウェイのH1に乗ったらあとは1本道。
眩しい夕陽を正面に受けながら、コオリナ・ビーチ・クラブに到着したときには、すでに夕陽は水平線の下。
さぁ、いよいよオーナーとして初めてのマリオット・コオリナ・ビーチクラブ!
1年前に体験宿泊で4日間過ごしたので、この広いロビーも見慣れた景色、帰ってきたって感じです。
ロビーにはいつも柑橘系のフルーツが入って、キンキンに冷えた水が用意されていて、旅の疲れを癒してくれます。

部屋は予約していたハレ・コナ・タワーの8階、1bed room オーシャンビューのペントハウス。
部屋の間取りは体験宿泊で無理言って泊めてもらった部屋とほとんど同じ。
ただ、さすがペントハウス、天井が高くてゆったり感はまったく違います。